群発頭痛 対策

群発頭痛への対策

群発頭痛に対する対策

群発頭痛はその特殊性から群発期間と呼ばれる頭痛が発症しやすい時期に対策をしっかりとする事で、発症する期間を軽減・緩和する事ができます。

 

セルフケアが重要になりますので、群発期間中は特に頭痛を発症する要素を排除していくようにしましょう。

 

血管を膨張させるような行動を避けたり、薬を手元に置いておくなどの対策を行う事ができるはずです。

 

具体的には、以下の頭痛を助長する活動は避けた方が無難です。

 

  • 入浴
  • 飲酒
  • 血管膨張する薬の投薬
  • 薬の不足

入浴は群発頭痛を助長する

長時間の入浴によって血管が膨張してしまい、群発頭痛を起こす原因となりえます。

 

そのため、群発期間中はシャワーにとどめたり、短時間の入浴にする方が無難です。

 

長時間入浴する事によって頭痛が起きたら洒落にならないため、群発期間中はいつもより短く風呂をすませるように意識しましょう。

 

群発期間中は禁酒!!

飲酒は頭痛を発症させる原因になります。これは群発頭痛とは関係なく、様々な頭痛を発症させます。

 

飲酒によって、脳内血管が膨れ上がるため、群発期間中は禁酒とし我慢するようにしましょう。

 

飲酒中に頭痛が起きるとせっかくのお酒も楽しく飲めないため、それであれば少し我慢したほうがよいですよね。

 

もちろん、群発期間ではない時は飲酒しても大丈夫です。

血管を拡張させる薬は避ける

ニトログリセリンを含むような薬は血管を拡張させていますので、避けた方が良いです。

 

しかし、これらの薬は狭心症などの病気によって処方される事が多いため、勝手にやめると他の部位に影響をきたします。

 

ですので、群発期間中の併用については医師と相談する事をオススメします。

薬は手元に用意しておく

群発期間中に頭痛がきてもすぐに対処できるように、手元に置いておきましょう。

 

日中は手元に置いておいたり、首からぶら下げたりする事の方がよいでしょう。

 

寝る時も枕元やすぐ手に取れる場所に置いておく事によって、すぐに対応する事ができます。

 

群発頭痛は夜中に起きやすいので、寝る時には忘れないように近くに置いておくようにする事がオススメです。

関連ページ

日常生活でできる対策
頭痛には普段からの対策ができます。日常生活の中でできる対策をまとめていますので、普段の生活を快適に過ごしていきましょう。
片頭痛への対策
片頭痛に対して行える対策方法をまとめています。女性に多い片頭痛は様々な方法で対策をする事ができますので、一緒に対策方法を実践していきましょう。
緊張型頭痛への対策
緊張型頭痛に対する事前対策をまとめています。日常生活からできる対策方法について知って、頭痛対策をしましょう。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル