片頭痛 対策

片頭痛への対策

片頭痛に対してできる対策

日本人の女性に多い症状が片頭痛です。

 

特に30代〜40代の女性に多いとされ、片頭痛がおきると日常生活に支障が出るため、できれば対策し、頻度を減らしたいところです。

 

日常生活の中の習慣で片頭痛対策ができる部分はありますので、うまく取り入れて片頭痛を緩和し快適な生活を送っていきましょう。

 

片頭痛への対策として代表的なものに以下のようなものがあります。

 

片頭痛の起因するものや事を避ける

 

快適な睡眠時間を確保する

 

規則正しい食生活を送る

 

栄養をしっかりと摂取する

 

静かな場所で安静に過ごす

片頭痛の起因となるものを避ける

片頭痛と付き合いが長いと何となく片頭痛が起きそうな予兆がありませんか?

 

そんな予兆が起きるタイミングには何か起因しているものが周囲にあります。

 

例えば、食べ物を見た時だとか、会社のある席についた時、駅で降りた時、様々なタイミングや雰囲気があるはずですので、そういった起因を避けるようにしましょう。

 

なるべく避ける事によって、片頭痛が起きるタイミングを避ける事ができ、結果として片頭痛が起きにくくなります。

 

快適な睡眠時間を確保する

睡眠不足は片頭痛を起こす要因となります。

 

睡眠時間は最低6時間と言いますが、人それぞれ快適な睡眠時間が存在しますのでこれに限るわけではありません。

 

人によっては3時間〜4時間と言う人もいますし、9時間と言う人もいるでしょう。

 

ですので、自分にあった睡眠時間を把握し、朝スッキリと起きれる環境を用意する事が重要になります。

 

例えば、寝る時に光や音があると睡眠に悪影響ですので、真っ暗な部屋でしっかりと寝るようにしましょう。

 

また寝る時には真上を向き、姿勢をキレイにする事によって、しっかりとした深い眠りを得る事ができます。

 

自分に合った最適な睡眠時間で深い眠りを得る事で、片頭痛対策をする事ができます。

規則正しい食生活を送る

1日3食、規則正しい食生活を送るようにしましょう。

 

正確に言うと、血糖値の上下を緩やかにしましょう。

 

そのため、1日3食しっかりと食事をとることによって、血糖値を下げ過ぎないようにするべきです。

 

血糖値が急激に上がるのも困りものですが、片頭痛の場合、血糖値が下がり過ぎも困るので、1日3食と言わず、1度の食事量を減らし1日5食でもいいぐらいです。

栄養をしっかりと摂取する

食事の際にはしっかりと栄養補給をするようにしましょう。

 

特にビタミンB2マグネシウムは片頭痛予防に良いと言われています。

 

脳内細胞を活発的に動かす働きを助長する働きを持つため、片頭痛の原因である細胞の動きが鈍くなることに対して対策を打てるのです。

 

以下の食べ物がビタミンB2とマグネシウムを多く含む代表的な食べモノです。

 

ビタミンB2 ひじき、まぐろ、米、味噌、のり、黒豆
マグネシウム レバー、大豆、乳製品、卵

静かな場所で安静に過ごす

片頭痛が起こった時には静かな場所で安静に過ごす事が大切です。

 

普段から静かな場所で安静に過ごす時間を大切にしましょう。

 

ここで言う静かな場所とは光や音が激しくない部屋のことです。テレビの音や光を消し、部屋の電気を抑える事によって刺激を防ぎ、頭を休ませる事ができます。

 

ちなみに、片頭痛が起きた際も静かな部屋で安静に過ごす事で頭痛を抑える事ができます。

関連ページ

日常生活でできる対策
頭痛には普段からの対策ができます。日常生活の中でできる対策をまとめていますので、普段の生活を快適に過ごしていきましょう。
緊張型頭痛への対策
緊張型頭痛に対する事前対策をまとめています。日常生活からできる対策方法について知って、頭痛対策をしましょう。
群発頭痛への対策
痛みが激しい群発頭痛への対策についてまとめています。群発期間における日常的なケアが大切になってくるので、対処法をしっかりと知っておきましょう。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル