群発頭痛 症状

群発頭痛の症状について

群発頭痛の症状はどんなの?

群発頭痛は頭痛の中ではかなりの痛みを伴う事が多いですが、その症状としては以下のようなものがあります。

 

どんな痛みがあるのか?

頭痛の中ではかなり痛い部類で、頭の片側に強い痛みを感じます。
自殺頭痛という言葉を聞いた事はないでしょうか?それぐらい痛みが激しく、心筋梗塞、尿路結石と並んで痛みが激しい病気と言われています。

 

どのような人に多い症状か?

男性で血圧が低め、身長が高い人に多く、若い人ほど発症します。高齢になると群発頭痛は起きなくなります。また女性の場合、妊娠中は出現しにくいと言われています。

 

どのような頻度か?

数日に1回発生し、1ヶ月から数カ月の間反復期間として繰り返し発症します。この反復する期間を群発期と言います。

 

どのような影響があるのか?

1回の頭痛継続期間が30分程度と短いため、我慢していれば治るように思えます。しかし、頭痛の中ではかなり痛い部類の頭痛となるため、発症中は何もできなくなります。この痛みが曲者で、30分〜1時間は継続する上に、ひどい時は失神してしまうほどの痛みです。頭の片側に強い痛みを感じますが、痛みが強すぎるため目の周辺まで痛みが響き、目をあけているのも辛い事があります。

 

その他の特徴は?

一次性頭痛の中ではかなり強い部類の痛みがあり、決まって片側に発症するのが特徴。頭痛の発症前には群発頭痛という予兆があるのも特徴の一つです。

関連ページ

群発頭痛の原因について
群発頭痛の原因についてまとめています。まだまだ謎が多い群発頭痛について原因を知り、対策を打ちましょう。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル