群発頭痛 原因

群発頭痛の原因について

群発頭痛の原因とは?

群発頭痛はまだまだ研究が進んでおらず、原因が不明な病気です。

 

その原因は様々なものが考えられていますが、一番は血管が膨張する事で起きていると言われています。

 

血管が膨張する事により、脳内にある神経に抵触し痛みが生じると言われています。

 

ですので群発頭痛が発症したと思った場合は、すぐに病院に行く事をオススメします。

原因不明だが予防薬もある

群発頭痛は原因不明ですが、一般的に効果がある薬というものが存在します。

 

一般的には、ベラパミル、炭酸リチウム、バルプロ酸、トピラマート、ステロイド、ボツリヌス毒素といったものが予防薬として知られています。
ベラパミルを処方してきかない場合、専門医により専門的な治療をお願いしたほうが良いと言われています。

 

また急性発症した場合の治療薬としてトリプタンを自己注射したり、注射剤、酵素吸入などを行う事ができます。

 

トリプタンはトリプタン製剤もありますが、日本では健康保険の適用外になります。

 

群発頭痛は、上記のような専門薬が必要になり、一般的に市販されている頭痛薬が効かない事がほとんどになります。

 

その他にも群発期間における日常的な対策やケアが有効になります。
(日常的な対策はコチラ:群発頭痛への対策

関連ページ

群発頭痛の症状について
群発頭痛の症状についてまとめています。謎が多い群発頭痛について症状を知って、判断できるようになりましょう。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル