緊張型頭痛 症状

緊張型頭痛の症状について

緊張型頭痛の症状はどんなもの?

緊張型頭痛 症状,頭痛 こめかみ,緊張型頭痛

 

緊張型頭痛は片頭痛とは異なる症状が特徴的で、以下のような症状があります。

 

どんな痛みがあるのか?

頭全体に痛みが走り、圧迫され締めつけられるような痛みがあります。

 

どのような人に多い症状か?

日本人は主に緊張型頭痛の患者が多いです。男性の場合、ほとんどがこの症状と言えます。

 

どのような頻度か?

緊張型頭痛は慢性緊張型頭痛反復性緊張型頭痛があります。慢性緊張型はほとんど常に起きます。反復性緊張型頭痛の場合は、月に1日未満もしくは1日以上15日未満といった期間があり、前者の場合は稀発緊張型頭痛、後者の場合は頻発反復性緊張型頭痛と呼ばれます。

 

どのような影響があるのか?

緊張型頭痛の場合は生活に支障が出るほどの痛みが起こる頻度は多くありません。稀に支障がでるぐらい頭全体が痛くなるため、その場合は療養が必要になります。

 

その他の特徴は?

日本人全体に多い症状ですが、30歳前後から発症し慢性的になった頭痛の場合は、ほとんど間違いなく緊張型頭痛と呼ばれるものだそうです。緊張型頭痛は痛みがひどい場合がごく稀と言われていますが、頭全体が痛くなる症状が多いため、早めの療養が必要になります。

関連ページ

緊張型頭痛の原因について
緊張型頭痛の原因についてまとめています。緊張型頭痛は日本で一番多い頭痛の症状なので、原因を知る事によって対処をすることができます。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル