片頭痛 症状

片頭痛の症状について

片頭痛の症状はどんなもの?

頭痛,こめかみ,頭痛 こめかみ,片頭痛

 

どんな痛みがあるのか?

片頭痛は頭の片側がズキズキと強い痛みに襲われる事が特徴的な頭痛です。片側が痛む事から片頭痛と呼ばれますが、時に両側が痛む事もある症状です。

 

どのような人に多い症状か?

片頭痛は30代〜40代に多く、特に女性の多い症状です。男性も片頭痛にはなりますが、その度合いは稀と言われています。

 

どのような頻度か?

月に1〜2回痛みが発症する時もあれば、週に1〜2回痛みが発症する場合もあります。人それぞれ頻度は違いますが、発症すると数時間〜数日続く事が多いです。

 

どのような影響があるのか?

片頭痛が発症すると吐き気が起きたり、めまいがしたり、光や音に敏感になります。そのため、身体を動かす事によって痛みがひどくなる事も多く、吐いてしまう事もあるため、動けなくなる事が多いです。実際に部屋を暗くし、寝込んでしまう体制が一番楽な状態となります。

 

その他の特徴は?

片頭痛は慢性的に抱えている患者が多く、発症する直前には前兆が起こる事が特徴的と言われています。片頭痛になって長い人になればなるほど、その前兆をシビアに感じ取ります。例えば、片頭痛が起こる直前に目の前がチカチカしたり、目まいがしたりといった人それぞれの前兆の感じ取り方があります。

片頭痛と偏頭痛

ちょっとした豆知識

 

片頭痛と偏頭痛はどちらも「へんずつう」と読みますが、2通りの書き方をされています。

 

本やネットで見かけるのは偏頭痛が多いのではないでしょうか?

 

しかし、どちらも意味は同じで症状も同じものの事を指します。

 

ですので、どちらも正解なのです。片頭痛は頭の片側に起こる事が多いので「片」という字を使いますが、「偏」という字も偏るという読み方があるように、片側を思わせる言葉ですのでどちらも共通の意味として捉えてよいものですね。

関連ページ

片頭痛の原因について
片頭痛の原因についてまとめています。原因をしっかりと知る事によって、対策を知りましょう。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル