頭痛 こめかみ

食べ物が持つ効果

頭痛と食べ物は密接な関係がある

頭痛と食べ物には関係ないように見えて、実は密接な関係があります。

 

頭痛は主に頭の血管が収縮したり拡大したりすることによって起こります。その為、食べ物によって血管が拡大したり収縮したりする作用を持つものは避けた方が良いことになります。

 

例えば、ポリフェノールチラミンなんてものを多く含む食べ物はそれぞれ血管を拡大したり、収縮したりする作用を持つので避けた方が無難です。

 

逆にマグネシウムミネラルなんてものはゆっくりと血管を緩めたり水分を補給してくれるため頭痛に良い食べ物とされています。

 

血管を広げたいか縮めたいかでも変わってくる

上記ではポリフェノールやチラミンなんてものを含むと頭痛に良くないとお伝えしました。

 

しかし、ここで一つ取り違えてはいけないことがあります。

 

それは、自分の頭痛は血管が拡大していることにより起こっているのか、収縮しているために起こっているかをしっかりと把握しているか?です。

 

頭痛の原因が血管が収縮していることにあるのに、更に収縮させる食べ物を食べていたらいつまでもよくなりませんよね?

 

例えばポリフェノールを多く含む赤ワインやチョコレートなんかは頭痛を助長するように思われていますが、血管が収縮することにより起こる偏頭痛もちの人には血管を拡張してくれる効果を持っているため良いかもしれないのです。

 

ミネラルは脱水症状が原因で起こるといわれている頭痛に対して原因がありますが、そもそも普段からしっかりと水分を摂取している人にとってはあまり意味有りませんよね?

 

こういった人それぞれの症状によって意味がある、意味がないなんてものがあるため覚えておいてくださいね。

鉄分やビタミンB2がオススメ

個人的な経験から言うと鉄分やビタミンB2を含む食べ物なんかがオススメな気がします。

 

鉄分で言うと豆類やほうれん草なんかです。ほうれん草はミネラルも豊富なので、頭痛にはとても効果がある食べ物ということになりますよね。

 

レバーやうなぎ、豚肉なんかもビタミンB2が豊富なのでオススメです。

 

いつも頭痛の時はほうれん草のおひたしやヨーグルト、納豆なんかを食べるようにすると頭痛が収まるので、個人的にはとてもオススメな食べ物になります。

 

自分だけのオリジナルな頭痛対策食品を知っておくと、いざ頭痛になりそうになっても安心できますよ。

頭痛とこめかみの関係


ホーム RSS購読 サイトマップ
片頭痛の症状・原因 緊張型頭痛の症状・原因 群発頭痛の症状・原因 頭痛への事前対策 頭痛改善マニュアル